プロフィール

氏名 きのした ともき
木下 知己
生年月日 1947年12月29日
出身地 九州・佐賀県有明町
生活拠点 18歳まで九州、その後は東京
趣味スポーツ タウンウォッチング,球技全般,パンづくり
家族 妻、息子3人、息子の嫁3人、孫男4人女3人(と猫2匹

経歴

1966年3月 佐賀県立鹿島高校卒
1970年3月 中央大学精密機械工学科卒
1972年3月 中央大学大学院精密工学修士修了
1972年4月〜1990年3月 (株)三菱総合研究所(所員,研究員,主任研究員,公共システム室長,公益システム室長)
1990年4月〜1999年3月 (株)日本総合研究所(主席研究員,社会開発研究部長,社会システム研究部長,理事)
1999年4月〜2008年3月 那須大学都市経済学部(2006年4月より宇都宮共和大学シティライフ学部へ名称変更)教授(2003年3月〜2004年2月 休職)
2003年8月〜2004年10月 東洋商事株式会社 (経営特別顧問,常務取締役)
2008年4月〜2018年3月 筑波学院大学情報コミュニケーション学部(2010年4月より 経営情報学部へ改組) 教授

学位、専門分野

主な業績、経験等

  1. エンジニアの卵として修士論文で基本特許発明(1972年3月)
      「超音波定在波の形成方法及び装置」(特許第1500677号)
  2. シンクタンカーとして日本オペレーションズ・リサーチ学会第1回事例研究奨励賞受賞
      「小売店立地計画の新しい考え方」(1981年5月)
  3. 20代に異なる2分野で新規オリジナルを考案・実現(上記1、2)
  4. スーパー、コンビニ等小売商業施設の出店戦略立案 15年
  5. 原子力発電所ヒューマンファクター問題対応策の構築(電力共同研究)リーダー 4年
  6. プレイングマネージャーとして(株)日本総合研究所の設立参画(1990年4月)
  7. 環境自律型企業の構築とECO-QC」提案(1994年1月)
  8. 3.40代に三菱、住友両グループ企業マネジメント 8年
  9. シンクタンク歴は三菱総研18年、日本総研9年
  10. 日本初の都市経済学担当教授として那須大学の新設参画(1999年4月)
  11. 食品卸企業マネジメント 1年
  12. つくばイノベーション研究」を企画設立し代表となり展開(2008年1月)
  13. Eco-QC〜ものづくりの夢をかたちに〜「日本環境共生学会 2009年度 学術大会」基調講演(2009年9月)
  14. 東日本大震災復興プラン「オープンカントリー特区による復興と発展をめざす」提案(2011年4月)
  15. 生活インフラ整備/対応シミュレーション」再提案(2013年11月)
  16. 超音波定在波の自動ハーモニー形成」再発表(2015年3月)
  17. 60代に都市経済、ビジネス等で多彩なコンセプト デザインを提案(上記12〜16)
  18. 大学教授歴は、那須大(後に宇都宮共和大)8年、筑波学院大10年
  19. ライフワーク マッピング作成(2018年5月)
  20. 現在は「つくばイノベーション研究」代表に専任(2018年4月より)

ライフワーク マッピング

2018年5月 つくばイノベーション研究代表
木下知己